GYNECOLOGY

膣を引き締める方法として切開して縫合するやり方もある

手術の内容を知ろう

確実な方法を探す

手を上げる女性

膣がゆるんでいるのは筋肉が衰えていることが原因なので、筋肉トレーニングをすれば良いといわれています。しかし、筋肉を鍛えるのには時間がかかりますし、トレーニングがその人に本当に効果があるのかは保証されていません。確実に膣を引き締める方法としては、切開をする方法があります。外科手術となりますので、美容整形外科か婦人科形成外科で受けることになります。

切開手術の手法

医師

切開をして手術するためにはどこを切るのかというと、膣の入り口です。入り口の下には筋肉層がありますので、粘膜と筋肉層を丁寧に切っていきます。粘膜には触れずに、筋肉を塗っていくのです。折りたたむように抜い寄せることで、ゆるんだ筋肉が次第に引き締まっていきます。そして完了したら、切開した入り口を縫合するのです。粘膜には触れていませんので、性交渉のときも違和感はありません。

膣縮小のための手術を成功させたい人は必見

初めて婦人科形成に行くときは不安で一杯です。初めに信頼できるクリニックの選び方などを把握していると安心して通えます。また、名医がいるクリニックなら膣の形成手術も安心して任せることができます。

初めてでも安心!婦人科形成クリニックに行こう

インターネットなどを利用して探す

婦人科形成クリニックを探すにあたって、インタネーネットを利用するのが1番良いでしょう。インターネットでは口コミや評判などの情報が揃っているので、色々と参考にすることが出来ます。また、比較サイトを見ることでそのクリニックの特徴や料金、手術メニューを把握することが出来て便利です。

カウンセリングを受けてみよう

インターネットを利用して良さそうな婦人科形成クリニックを見つけたら、次はカウンセリングを受けてみましょう。手術を行なうにあたって、このカウンセリングが非常に重要と言えます。カウンセリングの段階で医師の雰囲気や対応の質などを見極めることです。また、医師がカウンセリングから手術まで一貫して担当してくれるところをチェックしておきましょう。

手術を受けよう

無事にカウンセリングも問題がなかったらあとは手術を受けるだけです。手術はほぼ日帰りで行なえるものがほとんどなので、気軽の行えます。手術後は医師の言うことをしっかりと守って、ダウンタイムを安静に過ごすことが大事です。

看護師

実績もしっかり確認することが大事

安いからといって手術を決めてしまうのは危険です。整形手術を安いからといって海外で受け、その後のトラブルに対応できない事例が沢山発生しています。信頼できる場所、そして通院しやすい場所に膣の縮小手術は頼まなければなりません。選ぶ際に注目したいのは、実績数です。病院のホームページに形成術の実績数を掲載しているところもありますし、カウンセリングで直接聞くのも良いでしょう。

メモ

プライバシーにも配慮していると安心

デリケートな下半身のことですから、誰にも施術を受けたことを知られたくないという人もいるでしょう。しかし、病院を受診するとなると、待合室で待たなければいけないと考えて躊躇してしまう人もいます。そういった人は完全個室対応を行なっているクリニックを選ぶようにしましょう。そういったクリニックは予約制となっているので、他の人のために時間を守らなければなりません。